Top > 生活 > 生活が困難になると

生活が困難になると

特定調停という方法も任意整理による処理とほぼ同じく各貸し手に対し借金の返済を続けていくことを選ぶ借金を整理する形なのです。

 

分かりやすく説明すると裁判所が処理する任意整理といえます。

 

特定調停も任意整理による処理と同じように破産宣告とは異なって一定のお金だけを整理していくことが可能ですので保証人が付いている契約を除き整理したい場合や自動車ローンの分を除き手続きをしていく際などにおいても検討することも良いですし資産を処分する必要がないためマイカーや有価証券自分の資産を持っているけれど手放したくない場合においても有用な借金整理の方法といえます。

 

ただ、後々返済する額と現実の所得額を検討し、適切に返済が見通せるようである場合は特定調停による手続きを進めていくことは可能ですが、破産宣告とは異なって返済義務そのものが消滅するということではないため量が多い状況の場合現実にはこの方法で手続きを踏むのは困難であるということになります。

 

あと、特定調停による解決は裁判所という機関が中に入るので弁護士などのプロに関わってもらわなくてもリスクが増えるようなことにはならないということや、解決のための費用を節約できるという利点は魅力的ですがお金の貸し手からの督促に対して応対する必要があることや実際に裁判所に通う手間がかかるなどといった注意点もあります。

 

それから、任意整理との比較になりますが、最終的に解決が得られない場合は借入利息をそのまま付けた計算で返していくことが求められる点や結果的には貸し手に対して返済していく金額が任意整理と比べて高くなることが多いというような留意点もあります。

 

生活

関連エントリー
ネイルの外し方ギャンブルで借金地獄に!!債務整理後も抜け出せない現実生活が困難になると動画で見るフラッシュモブの魅力力が入れられている小学生の英語活動テスト